スーパーオンリーワンハイスクール事業

令和2年度スーパーオンリーワンハイスクール事業に認定されました。

1 実施ステージ 『V字回復』
2 活動分野    『新しい生活様式の提案』
3 事業テーマ    「WITH・コロナ時代」を生き抜く体力V字回復・免疫力UP!大作戦
4 入賞を目指して応募する全国規模の大会・コンクール(予定)
              SDGsまちづくりアイデアコンテスト
5 連携・交流を図る団体・組織
    ・鳴門市危機管理部 ・鳴門市教育委員会 ・徳島県とくしまゼロ作戦課  
 ・徳島大学 ・鳴門教育大学 ・徳島県トレーナー協会 ・自治会
6 事業概要
 新型コロナウイルスにより閉塞感が漂う中,「WITH・コロナ時代」を生き抜 くための体力や免疫力を高めることは重要な課題である。免疫力を高めるため には,スポーツや運動により,筋肉量を増やして基礎代謝を上げることが有効 であり,本県唯一の体育専門学科を設置し,科学的な視点でスポーツや健康に 関する専門的教育を展開している学校の強みを生かした「新たな生活様式」を 提案する。
 具体的には,関係機関と連携・協働し,運動を日々の生活の中に取り入れて もらえるよう,誰もが,いつでも,どこでもできる「渦高体操」の考案・普及 に取り組むとともに,血管年齢計測や筋力測定,栄養指導をパッケージにした フィジカルドックを実施する。また,高校生が指導者となり,地域の健康づく りを担う「わくわくフィットネス教室」や未来を担う小学生を対象に「いきい きスポーツ教室」を展開し、地域のスポーツ振興や体力向上につなげる。
 加えて,本校は地域の防災拠点となっており,避難所までの歩数や消費カロ リー,移動時間などを盛り込んだ新たな健康+防災マップを作成することによ り,地域の防災活動と健康づくりをつなぐ取組を推進する。
 なお,本事業の実施においては,Web会議を積極的に活用するとともに,行 動変容に係る様々な調査等から得られたデータを検証し,その成果や課題をホ ームページで県内外に発信するとともに,モデルパッケージとして提供する。                         7 実施対象者
     スポーツ科学科 全校生徒 615名
 8 期待される成果並びに評価基準
  (1)生徒のスポーツに貢献できる人材の育成(意識調査)
 (2)地域の健康に対する行動変容(行動変容調査)
  (3)学校開放を通した地域貢献(参加人数))
 (4)健康指数(血管年齢,食事調査)の向上データ蓄積
 (5)子どもの巧緻性テストの向上(BCTテスト body coordination test)
 (6)健康防災地図作成及びWEB公開(アクセス数)
9 その他 (予定)
 (1)渦高体操(監修:鳴門教育大学)
 (2)フィジカルドック(協力:徳島県大学)
 (3)わくわくフィットネス教室,いきいきスポーツ教室教室(協力:トレーナー    協会)
 (4)健康+防災マップ(協力:鳴門市,とくしまゼロ作戦課,自治会)

 
平成24年度 オンリーワンハイスクール事業に認定されました