本校の教育

● 校 訓



校訓


● 教育方針・教育目標

1.本県教育の基本方針「徳島教育大綱」
  「とくしまの未来を切り拓く、夢あふれる『人財』の育成

  
2.本県教育の基本目標
 「阿波っ子みらい教育プラン~徳島県教育推進計画(第2期)~」

  
『とくしまの教育力を集結し、未来を創造する、たくましい人づくり』
   ~県民とともに考え、ともに育むオンリーワン教育の実現~


3.本校の教育目標
  教育基本法の趣旨に則り、個人の尊厳と人権を尊重するとともに、校訓「自主・   
 至誠・躍進」の精神のもと、社会の変化に主体的・創造的に対応できる能力を身に     
 つけた、心豊かなたくましい人材を育成する。


4.本校の経営方針
 (1) 一人一人の個性や可能性を最大限伸ばす教育の推進、進路指導の充実を
    図る。
 (2) すべての教育活動を通じて人権尊重の精神を養い、相手の立場に立って行
    動できる優しさや、豊かな人間性の育成を図る。
 (3) キャリア教育の充実を図り、勤労意欲を高めるとともに、規範意識を身に
    つけた生徒の育成を図る。
 (4) スポーツ科学科と総合学科の特性を活かし、食育の意識を向上させるとと  
    もに、ボランティア活動、文化動、スポーツ活動、国際交流を推進し、地域  
    に貢献できる生徒の育成を図る。
 (5) 地域に信頼される学校として、教職員の資質の向上と開かれた学校づくり
    に努める。

5.本年度の重点目標
 
(1)生徒指導の充実
    ① 他人を思いやる優しさや豊かな人間性の育成に努める。
    ② 社会のルールや校則を厳守させ、規範意識の向上を図る。
    ③ 生徒理解を深め、個に応じた生徒指導に努める。

 
(2)環境教育・安全教育の推進
    ① 生命を尊重し、心身の健康と、安全・防災意識の高揚をはかり、自他の         
     安全を守る能力を育成する。
    ② 校内の美化に努め、情操豊かな学校環境づくりに努める。
    ③ 防災・減災教育を推進し、地域防災の即戦力及び将来の担い手を育成す
     る。

 
(3)特別活動の推進
    ① ホームルーム活動・生徒会活動や学校行事を活性化させ、自主性や実践
     的な態度を育成する。
    ② 部活動を推進し、スポーツ活動において質の高い専門教育を行い、競技
     力の向上を図るとともに、スポーツ振興に寄与する人材を育成する。
    ③ ボランティア活動を積極的に行い、豊かな人間性を育てる。

 
(4)学習指導の充実
    ① 基礎的・基本的な事項の指導を徹底し、基礎学力の向上定着を図る。
    ② 幅広い選択科目を設定し、生徒一人一人の興味・関心・進路に応じた履修   
     指導を推進する。
    ③ 生徒の学習意欲を引き出す指導体制・指導方法の工夫・改善を図る。 

 
(5)進路指導の徹底
    ① 生徒一人一人の学力や適性などを的確に把握し、個に応じたきめ細やか
     な指導を徹底する。
    ② スポーツ科学科・総合学科の特性を考慮したキャリア教育を推進する。
    ③ 進路設計や進路選択に必要な情報提供を組織的・計画的に行い、生徒一
     人ひとりの勤労観・職業観の育成を図る。

 
(6)人権教育の推進
    ① 学校の教育活動を通して人権尊重の教育・道徳教育を展開する。 
    ② 地域や家庭と連携した人権教育を推進する。
    ③ 自主活動の活発化に努める。

 (7)読書活動の推進
    ① 生徒の自主的な読書活動を推進する。
    ② 新聞を活用した学習活動を推進する。
    ③ 学校図書館の活用を推進する。

 (8)開かれた学校づくりの推進
    ① オープンスクール、公開授業など教育活動の公開を推進する。
    ② ホームページ等を利用して迅速な情報発信を推進する。
    ③ 地域・PTA・同窓会等との情報の共有や連携を円滑にするシステムを
     構築するとともに、地域の人材の活用を推進する。

 (9)グローバル教育の推進
    ① 郷土の伝統・文化について理解を深める教育を推進する。
    ② 異文化理解学習を通じて共生の精神を涵養を図る。
    ③ スポーツ等を通じた国際交流を推進する。

(10)学校運営体制の充実
    ① 教職員のコンプライアンス意識の高揚を図る。  
    ② 危機管理態勢の徹底を図る。
    ③ 学校価値の創造を推進する新規事業の創出、地域の人材づくり、国際交
     流等、新しい企画を推進するとともに、課題解決に向けた協働体制を確立
                 する。

(11)食育の推進
    ① 食育に対する知識と理解を高め、健康増進を図る。
    ② 食育を通じて競技力の向上を図る。