系列案内

未来につながる5系統

未来につながる5系列「系列」とは、進路に応じて必要な科目選択をするときの目安となるものです。
  系列の特徴目指す進路






自然科学系列 数学、理科などの科目が主に含まれている系列です。
 数学や科学に対する興味・関心を高め、自然科学の原理・原則の基本的な考え方の理解を深めます。そして、創造性を豊かにし、物事を論理的に追求する意欲・能力・態度を育てます。
 理学系、工学系、農学系、医・歯・薬学系などの理系の大学への進学、看護医療系、情報系への専門学校への進学、公務員などの就職






人文科学系列 国語、地理歴史・公民、英語、芸術、などの科目を中心に履修する系列です。
 国語力を高め、理論的に自分の考えを表現したり、社会情勢に関する幅広い視野を養うことができます。また語学を通して世界の文化や他国の出来事に対する関心を高めるなど、広く社会活動全般に対して関心を持とうとする意欲や態度を育てます。
 経済系、文学系、教育系、法学系など文系の大学への進学、販売・通信・サービス・公務員などの就職






 将来,介護福祉に携わる専門従事者を目指し、福祉に関する基礎的な知識や技術を学び、必要な資質の向上を目指します。介護福祉基礎、生活支援技術、家庭総合など福祉・家庭の科目が含まれています。長期休業中には、高齢者施設等で介護実習を行い、より実践的な学習を通して、介護福祉サービスについての理解を深めます。
 指定された科目を修得すると、介護職員初任者研修修了証書を取得することができます。
 また卒業後、介護施設等で実務経験を9ヶ月経ることで、介護福祉士国家試験受験資格を取得できます
  施設や在宅で介護福祉サービスを行う介護職員として就職、または福祉系専門学校や大学への進学


ビジネス

 情報処理・簿記・マーケティング・電子商取引などの商業・情報処理の科目が主に含まれている系列です。 
 将来,ビジネスをする上で必要な実務的・専門的な知識や技術を学ぶことで,社会人に必要とされる資質や実践力への対応,地域に貢献できる人材育成を目指しています。さらに,特色ある科目を多く取り入れることで,簿記検定・情報処理検定・ビジネス文書検定・電卓検定・ビジネスコミュニケーション検定など,多様な資格を取得することが可能です。
 商・経営・経済系などの大学への進学,コンピュータやビジネス系列などの専門学校への進学,ビジネスに関する知識や技能をいかした就職

報通信

 
 電気や情報・通信に関する科目を主に学習する系列です。電気工事士や工事担任者の免許取得に必要な知識を学習します。また第2級陸上特殊無線技士の養成課程の認定を受けているため,受験することなく,免許申請が可能です。
 その他にも工業技術者となるための基礎的な実習により技術の習得ができます。
 工業技術者として,生産・製造現場への就職や技術系の専門学校への進学