男子サッカー部



H29総体試合
顧     問    近藤充義    二宮和也問    坂本恵
活 動 方 針    サッカーを通して、感謝の気持ちや継続することがで達成できることを実感させ、その大切さを養う
活 動 目 標    県ベスト4、リーグ一部残留
キャプテン・部長    34HR    由岐中 史温
練習場所    第二グランド
 4月 部の全体の活動イメージの作成、 リーグ戦へ取り組み , 県リーグ戦
  5月  総体への取り組み、新チームのイメージ作り    県リーグ戦、総合体育大会、ちょうさ杯(香川遠征)
  6月  チーム力の強化     総合体育大会、リーグ戦
  7月   強化遠征で、力をつけていく    リーグ戦、練習試合、黒潮カップ
  8月   強化遠征や練習試合を積極的に行う   ,練習試合、一年生大会
  9月   選手権大会に向けての準備    リーグ戦、練習試合
10月  選手権大会への取り組み , 選手権大会、リーグ戦
11月  リーグ戦で一部残留を目指す ,リーグ戦、練習試合
12月  最後のリーグ戦を戦う     リーグ戦、練習試合
 1月   新人戦に向けて、チーム作り     新人大会
 2月  新チームの強化  練習試合
 3月  西日本フェスティバルで新一年生との融合をはかる , 練習試合、西日本フェスティバル
 

日誌

サッカー男子
12345
2019/03/05

3月日程について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou
3月の日程予定を載せます。新入学生で練習参加生は日程を参考にしてください。H30 3月予定表.pdf
08:24 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2019/02/18

男子サッカー 新人戦 決勝戦について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

鳴門渦潮 0 ( 0 延長 1 ) 1 科学技術  会場 TSV人工

新人戦決勝戦は、縦に早い攻撃が特徴の科学技術高校です。ただ、相手も決勝戦で堅さがあり、効果的な攻撃ができません。こちらも、サイドからドリブル突破を狙いますが、相手DFに阻まれ、十分な攻撃ができません。引き分けのまま、延長戦へ。延長前半、こちらのDFが相手の裏へのパスをパスカットを狙いましたが、こちらのクリアミスによりそのボールが相手のオフサイドポジションの選手に渡り、シュートが決まりました。一点ビハインドの状態になり攻撃を仕掛けますが、そのまま試合終了となりました。全体を通して、運動量やプレスの回数が、相手より少なかったです。まだまだ、基本的な体力が十分ではないと感じました。これから、トレーニングを重ね、苦しいときほど力を発揮できるような強さを身につけさせていきたいです。

筆記者 近藤


13:56 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2019/02/07

男子サッカー新人戦 準決勝について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

鳴門渦潮 1 - 0 川島  会場 徳島スポーツビレッジ人工芝

 準決勝は、サイド攻撃が特徴の川島高校です。サイドのDFがカギになると感じましたので、サイドは縦の突破をさせないように意識を持ち、ゲームに入りました。また、中央のくさびのボールに対し、厳しくプレスに入り、展開させないようにしました。攻撃では相手DFの裏を意識して攻撃を仕掛けました。前半、左サイドからドリブルで仕掛け、中央に切り返して、シュート、これで得点し、1-0。その後はしっかり無失点で守り、勝利を得ました。



18:22 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2019/02/07

男子サッカー新人戦 準々決勝について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

鳴門渦潮 1 - 0 徳島北  会場 徳島スポーツビレッジ人工芝

 準々決勝は昨年度優勝チームである徳島北高校でした。ただ、決して引くことなく、前線からプレスに入り、狙えるところはしっかり狙う意識を持ちゲームに入りました。前半、前線からのプレスが入り、渦潮高校が押し込めているときに、相手キーパーのボールをこちらのFWが奪い、得点。後半は、相手の中央のくさびから崩されそうになりますが、なんとかしのぎ無失点で勝利を得ました。全員でプレスに入り、迷いなく守備にいった結果だと思いました。



18:16 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2019/02/07

男子サッカー新人戦2回戦について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

鳴門渦潮 2 - 0 生光学園  会場:渦潮高校

 生光学園は、守備ブロックを引き、守備を固めてきますが、渦潮高校は、FKから得点、さらにミドルシュートから得点と、2得点で勝利を得ました。


18:13 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2019/02/07

男子サッカー新人戦1回戦について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

鳴門渦潮 1 - 0 吉野川  会場:渦潮高校


 吉野川高校は守備ブロックの形成が非常に上手で、ボールに徐々にアプローチをかけてくるので、こちらは、どこで攻撃のスイッチを入れるのかがわからず、攻めるのが難しかったです。ただ、サイドから突破し、中央へボールを入れ、ミドルシュートで得点し、1-0で勝利しました。



18:03 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2019/01/10

winter league 2019 について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou
鳴門渦潮高校、男子サッカー部は、winter league 2019 S2に参加しています。現在までで、第三節まで消化しており、一勝二敗の結果です。3月まで、全9節で行われます。80分ゲームの真剣勝負で、強化に役立っていると思います。結果は順次以下のHPにアップされていきますので、ご覧ください。

https://www.bluewave2015.com/wl2019-cs-s-2/
10:20 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2018/11/06

男子サッカー選手権大会準々決勝

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

10月27日(土) 選手権大会徳島大会 準々決勝 対 徳島市立 会場:徳島市球技場
(× 0-2〔0-2 0-0〕)

 選手権大会の準々決勝の相手は県内実力No1の徳島市立高校です。ただ、力をつけてきた渦潮がどこまでできるか楽しみでもありました。前回の新人大会の準決勝で徳島市立高校と対戦していましたので、その時のように、DFラインを下げて、ロングカウンターを狙うのではなく、前線から引くことなく積極的にボールを奪いに行き、ショートカウンターにつなげることを目的に今週トレーニングしてきました。
 前半、開始直後、相手の攻撃のスピードになれていないこともあり、渦潮のファールからFK。このFKを市立選手が無回転のぶれ玉を蹴り、キーパーがはじいたボールがそのままゴールに入りました。前半早々の失点でしたが、切り替えて試合に向かいます。試合にも慣れてきて、プレスも入り出した頃、市立高校の選手のスーパーミドルが入り、2失点。後半は、渦潮のプレスからボール奪取、サイドからのドリブル攻撃と、形は出せましたが、得点には至りませんでした。これで、3年生は引退となりますが、最後は引くことなく、しっかり戦ってくれました。堂々とした敗戦であったと思いました。

筆記者:監督 近藤


11:05 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2018/11/06

男子サッカー選手権大会2回戦

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

10月20日(土) 選手権大会徳島大会 2回戦 対 生光学園 会場:TSV人工
(○ 2-1〔1-1 1-0〕)

選手権大会の2回戦は、前線からのプレスにより、鋭いショートカウンタ-が持ち味の生光学園高校です。
 先週のレッドカードで出場停止の選手、食中毒で出場できない選手など、また、今週はインターンシップなどの行事が多く、あまり練習できませんでした。なんとか形を作って迎えた2回戦でした。
 前半開始直後、渦潮がCKのこぼれ球からアーリークロス、それをヘディングで得点と早い時間で先制点を得ます。その後は、お互いあまり前線に選手を置かず、良さを消し合う展開でしたが、前半終了前に渦潮のラインコントロールのミスから、生光学園に裏に抜け出され失点。1-1の同点で折り返します。後半、お互い決定機を決められず、このままPK戦かと思われた時、渦潮左サイドから、ドリブル突破からシュートで得点。勝利を得ました。最後まであきらめず、得点を狙いに行った結果だと思いました。


筆記者:監督 近藤


09:32 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2018/11/06

男子サッカー選手権大会1回戦

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

10月13日(土) 選手権大会徳島大会 1回戦 対 城ノ内 会場:TSV人工
(○ 3-0〔1-0 2-0〕)

選手権大会の1回戦は、T2リーグで勝ちを続けている城ノ内高校です。前半は、緊張がある中、どちらもチャンスがありながら、渦潮が前半終了前に左サイドから裏に抜け出し得点。1-0で1点リードして折り返します。後半、開始直後、渦潮陣内で2人が倒れ、その後、倒れている相手を渦潮の選手が払いのけようとしたところ、相手選手を蹴ったという判定で、一発レッドカード。1人少なくなった状態で、FWを1人にし、4-4ー1のフォーメイションに変化させます。その後、相手に押し込まれますが、カウンターから2得点と、勝ちを収めました。1人少なくなっても大きなピンチを作らせず、カウンターから得点できたことに価値があると感じました。

筆記者:監督 近藤


09:04 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
12345