男子サッカー部



H29総体試合
顧     問    近藤充義    二宮和也問    坂本恵
活 動 方 針    サッカーを通して、感謝の気持ちや継続することがで達成できることを実感させ、その大切さを養う
活 動 目 標    県ベスト4、リーグ一部残留
キャプテン・部長    34HR    由岐中 史温
練習場所    第二グランド
 4月 部の全体の活動イメージの作成、 リーグ戦へ取り組み , 県リーグ戦
  5月  総体への取り組み、新チームのイメージ作り    県リーグ戦、総合体育大会、ちょうさ杯(香川遠征)
  6月  チーム力の強化     総合体育大会、リーグ戦
  7月   強化遠征で、力をつけていく    リーグ戦、練習試合、黒潮カップ
  8月   強化遠征や練習試合を積極的に行う   ,練習試合、一年生大会
  9月   選手権大会に向けての準備    リーグ戦、練習試合
10月  選手権大会への取り組み , 選手権大会、リーグ戦
11月  リーグ戦で一部残留を目指す ,リーグ戦、練習試合
12月  最後のリーグ戦を戦う     リーグ戦、練習試合
 1月   新人戦に向けて、チーム作り     新人大会
 2月  新チームの強化  練習試合
 3月  西日本フェスティバルで新一年生との融合をはかる , 練習試合、西日本フェスティバル
 

日誌

サッカー男子
12345
2019/09/09

男子サッカー T1リーグ (対 徳島商業 )について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

T1リーグ  日時:9月1日(日) 場所:鳴門渦潮高校第二グランド人工芝

結果:鳴門渦潮 2 (0-0、2-0) 0 徳島商業

 相手は全勝中の徳島商業です。厳しい試合になるかと思いましたが、前半前線からのプレスが入り、押し込め、後半は2得点と勝利を得ました。先週の負けにより、選手達もやらなければならないという気持ちになったと思います。反省と成長を繰り返していきたいと思います。

筆記者 監督:近藤


11:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/06/24

男子サッカー T3リーグ(対 科学技術T)について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

T3リーグ  日時:6月22日(土)11:30キックオフ 場所:上桜グランド人工芝

結果:鳴門渦潮S 1 (1-1、0-3) 4 科学技術T


 セカンドチームの相手は、科学技術Tです。前半は、ボールを中央、サイドと動かしながら、いい形を作れていました。ゴール前まで迫りながら得点できない時に、相手からのサイドへの展開で失点。切り替えて、攻撃を続け、突破から得点し、1-1で前半を折り返します。後半、相手の攻撃選手への簡単なマークミスから失点し1-2、苦しい展開になります。いい形を作ろうとするのですが、得点まで行くことができず、結果1-4で敗退しました。暑さや疲労もあり、苦しかったですが、内容はそこまで悪くないと感じました。シュートの決定力や守備の強度を上げることが次の課題です。トレーニングで確実に向上させていきたいと思います。

筆記者:監督 近藤


20:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/06/24

男子サッカー T1リーグ(対川島)について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

T1リーグ  日時:6月22日(土)13:00キックオフ 場所:上桜グランド人工芝

結果:鳴門渦潮 2 (1-0、1-0) 0 川島


 県総体も終わり、リーグ戦が再開されました。再開後の初戦は、川島高校です。新人戦のベスト4をかけて対戦した相手です。守備ではボールを奪いに行く場合と縦のパスコースを切り、タイミングを待つ守備、カウンターをくらったときのリトリートの守備と分かりやすくはっきり使い分けることができ、無失点で押さえることができました。攻撃では、ボールを保持しながら、ロングパスとショートパスを使い分けながら、いいバランスで攻撃ができたと思います。
 T1リーグも混戦になってきており、どのチームが降格するかわからなくなってきました。最後の1節まで気が抜けない展開になると思いますので、日々の取り組みを十分にしていき、悔いの残らないようにしていきたいです。

筆記者:監督 近藤


20:42 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/06/04

男子サッカー 県高校総体準々決勝(対 徳島市立)について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

県高校総体準々決勝  日時:6月1日(土) 場所:徳島市球技場

結果:鳴門渦潮 0 (0-1、0-1) 2 徳島市立


 準々決勝は、県内実力校の徳島市立高校です。ボールを奪いに行くところでは、絶対に引かず前に出ることを徹底して、送り出しました。前半は、渦潮高校がボールを奪いに行く意識が高く、相手を押し込むことができましたが、徳島市立はCKやロングスローから、ゴール前に迫ってくる迫力があり、危機感を覚えていました。前半終了前、徳島市立CKから、ファーに合わされ、失点。0-1で折り返します。
 後半は、切り替えて行きたいところでしたが、開始直後、クロスボールがDFの足に当たり失点。ここから盛り返したいところで、失点してしまいます。その後は、攻め上がるシーンもありましたが、なかなか相手ゴール前まで迫ることができず、試合終了。0-2で敗戦しました。負けましたが、勝負にかける思いやチャレンジする気持ちは上がってきています。徐々に、確実に、力をつけていき、選手権大会では、チャレンジする気持ちを前面に出せるようなサッカーをできるようにしたいと思います。
筆記者 近藤


14:22 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/06/04

男子サッカー 県高校総体2回戦(対 城東)について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

県高校総体2回戦  日時:5月31日(金) 場所:TSV天然芝

結果:鳴門渦潮 1 (0-0、1-0) 0 城東


 1回戦はシードであったので、2回戦からの参加になりました。城東高校はスタートから球際のところで激しくボールを奪いに来ます。ボールを奪ってからは、速く縦にボールを入れてきます。渦潮高校は、ミドルゾーンでボールを奪ってくるところをはがしたいのですが、相手のプレッシャーが強く、奪われる恐怖もあり、十分にボールを動かすことができません。前半は、どちらもチャンスを作ることなく終えました。
 後半、徐々に渦潮高校がボールを持てだし、後半終了5分前にFKを得て、ゴール前でヘディングで合わせてゴール。なんとか勝利することができました。トーナメントでは、どのチームも必死で来るので、試合はどうなるかわからないと思いました。しかし、苦しい状況になっても、落ち着いて試合を進めることができたことは評価に値すると感じました。

筆記者 近藤



14:01 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/05/22

男子サッカー T1リーグ (対 徳島北)について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

T1リーグ  日時:5月19日(日) 場所:鳴門渦潮高校第二グランド人工芝

結果:鳴門渦潮 1 (1-0、0-0) 0 徳島北


とても風の強い日でした。
 先週徳島市立Sに敗戦したことと、総体が近くなってきたこともあり、勝負にこだわるためにも、今週は裏へのボール配球やワンタッチで裏をとる練習、シンプルにボールをはじく練習をしてきました。
 開始から、徳島北高校はサイドに長めのボールを配球し、裏をとってきました。その競り合いに慣れてきて、はじけるようになってきたころ、相手のセカンドボールを拾い、ロングシュートが風に乗り得点。その後何度か、徳島北高校にゴールに迫られそうになりますが、なんとかしのぎ無失点で勝利しました。きれいな得点や勝利ではなかったですが、このような勝ち方も必要であると選手に感じさせることができてよかったと思いました。最後かで自陣のバイタルエリアで相手の攻撃をしのぎきったことは、総体に向けての大きな力になると思います。

筆記者 近藤


10:30 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2019/05/22

男子サッカー T1リーグ (対 徳島市立S)について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

T3リーグ  日時:5月12日(日) 場所:徳島市立高校グランド人工芝
結果:鳴門渦潮 0 (0-1、0-1) 2 徳島市立S


徳島市立高校Sは、前半スタートから速い攻撃、ハイプレスを仕掛けてきました。その対応が十分でない中、自陣でボールをとられ、失点。その後切り替えて、守備から攻撃に転じますが、なかなか相手ゴールまで迫れません。後半終了後、こちらが攻め込むチャンスが来ました。最後にこちらのCKで人数をかけ、ゴールを狙いにいきますが、逆にそのカウンターを受けて、失点。0-2で試合を終えました。
 試合開始からこちらもスイッチを入れ、相手のくさびのボールを楽に処理させないこと、攻撃では必要ならばワンタッチで、相手の裏をつくことも必要だと感じました。

筆記者 監督 近藤


10:30 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/05/22

男子サッカー T3リーグ (対生光学園S)について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

T3リーグ  日時:5月11日(土) 場所:鳴門渦潮高校第二グランド人工芝
結果:鳴門渦潮 5 (4-1、1-0) 0 生光学園


セカンドチームによるT3リーグ第一節は生光Sでした。前半、リズムよくボールを運び、得点を重ねました。後半は、攻める力が弱くなりますが、大きく崩れることなく勝利しました。

筆記者 監督 近藤


10:26 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/05/08

四国ルーキーリーグS2について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou
鳴門渦潮高校男子サッカー部は、1年生だけの大会である、四国ルーキーリーグに参加しております。現在に2節まで消化しており、勝利はまだありませんが、真剣勝負の白熱した試合が展開されており、選手のモチベーションの強化や試合における戦術理解につながっていると感じます。
これから9月1日のファイナルラウンドまで試合がありますので、最後まで気を抜かずに頑張りたいと思います。
結果は以下のサイトに掲載されておりますので、ご覧ください。

https://rookie-shikoku.com/
15:04 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/04/19

男子サッカー T1リーグ第二節(対生光学園)について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

T1リーグ第二節  日時:4月13日(土) 場所:徳島スポーツビレッジ人工芝
結果:鳴門渦潮 1 (1-0、0-1) 1 生光学園

T1リーグ第二節が行われました。前半とも、渦潮高校は、相手サイドでボールを持つ時間が長く、何度もゴールに迫りますが、相手DFに粘られ、GKにキャッチされたり、ポストに当たったりと得点できません。CKで得点し、1-0で前半を終えます。

 後半は、相手も守備のスイッチを入れてきて、攻防が激しくなってきます。ボールサイドをはがし、チャンスを作りますが、ゴールを決めきれません。試合終了前に疲労がたまってきて、足を伸ばすことが多くなってきたとき、サイドからのカウンターで突破され、中央へのクロスが渦潮の選手に当たり、そのままオウンゴール。1-1で試合を終えました。

最後に集中が切れ、最終ラインがアプローチに遅れたこと、自分のゴール前で慌ててしまったこと、激しいゲームになったときパフォーマンスが下がったことが原因です。しっかり克服して次節に望みたいと思います。

監督 近藤


10:21 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
12345