男子サッカー部



H29総体試合
顧     問    近藤充義    二宮和也問    坂本恵
活 動 方 針    サッカーを通して、感謝の気持ちや継続することがで達成できることを実感させ、その大切さを養う
活 動 目 標    県ベスト4、リーグ一部残留
キャプテン・部長    34HR    由岐中 史温
練習場所    第二グランド
 4月 部の全体の活動イメージの作成、 リーグ戦へ取り組み , 県リーグ戦
  5月  総体への取り組み、新チームのイメージ作り    県リーグ戦、総合体育大会、ちょうさ杯(香川遠征)
  6月  チーム力の強化     総合体育大会、リーグ戦
  7月   強化遠征で、力をつけていく    リーグ戦、練習試合、黒潮カップ
  8月   強化遠征や練習試合を積極的に行う   ,練習試合、一年生大会
  9月   選手権大会に向けての準備    リーグ戦、練習試合
10月  選手権大会への取り組み , 選手権大会、リーグ戦
11月  リーグ戦で一部残留を目指す ,リーグ戦、練習試合
12月  最後のリーグ戦を戦う     リーグ戦、練習試合
 1月   新人戦に向けて、チーム作り     新人大会
 2月  新チームの強化  練習試合
 3月  西日本フェスティバルで新一年生との融合をはかる , 練習試合、西日本フェスティバル
 

日誌

サッカー男子
123
2018/01/09

BLUE WAVE winter leagueについて

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou
渦潮高校男子サッカー部は、BLUE WEVE  winter league S-2 ステージに参加しています。中四国の強豪校が、12月から3月までしのぎを削り、強化を図るリーグです。
日程、結果は以下のBLUE WEVEのHPに載っています。
https://bluewave2016.jimdo.com/winter-league-2018/s-2/
14:24 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/09

T1リーグについて(対 鳴門)

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou


会場:渦潮高校G
結果:対 鳴門高校(0-0 引き分け)

 渦潮高校は、引き分け以上で残留(6位)確定でした。鳴門高校はゆっくりとした攻撃であったので、失点するまでは、前線からのプレスはやめ、ゆっくりとした試合内容になりました。どちらもビックチャンスを作ることがなく、試合終了。引き分けが確定し、T1リーグ6位で終えました。リーグを通じて思うことは、得点するよりも、失点をしないことのほうが大切であると感じました。しっかり相手の攻撃をはじき返し、チャンスをものにする。よりゲーム感覚を身に付け、どんな相手にも動じない堂々としたアグレッシブなチームを目指したいと思います。

なお、最終結果は、以下の県サッカー協会HPに載っています。
http://tokushima12.com/u-18/t2017.html
筆記者:監督 近藤


14:19 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/09

T1リーグについて(対 徳島市立S)

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

会場:徳島市立G
結果:対 徳島市立S(0-1 負け)


徳島市立Sは、3バックで、1トップ、2シャドー、ウイングバックを置く、(3-4-3)の攻撃的配置でした。ポゼッションをしながら、前に前に攻めてきます。相手のサイドが空くので、そこを狙いたいのですが、こちらも守備的になっている関係で、サイドから攻めることができず、攻撃ができません。相手がビックチャンスを外してくれたこともあり、何とか1失点にこらえることができました。降格について、最終節までもつれることとなりました。


14:18 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/09

T1リーグについて

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

会場:渦潮高校G
結果:対 阿波(0 - 0 引き分け)


 勝てば、渦潮高校がT1リーグ残留がほぼ決まり、阿波高校が降格が決まるゲームでした。阿波高校は、しっかり守ってきて、中盤の攻防は、ほぼ同じくらいの内容でした。渦潮もビックチャンスを外したり、阿波高校のいいシュートを渦潮GKがファインセーブで止めたりと、どちらもチャンスを作りながら、決めきれませんでした。まだまだ、リーグ戦は続きます。残留を目指し、頑張ります。


14:17 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/09

T1リーグについて(対 小松島)

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

会場:渦潮高校G
結果:対 小松島(5‐0 勝ち)

選手権明けの初の公式戦で、今後を占う意味でも大切なゲームでした。前半は0-0でありましたが、後半、サイドチェンジからオープンサイドの裏を取るボールが多く配給でき、5得点により、勝ちを決めました。



筆記者:監督 近藤


14:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/09

選手権大会 2回戦について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

会場:徳島市球技場サブ
結果:対 城南(0-1 負け)

雨の中の、ゲームとなりました。城南高校は一人のFWだけを残し、守備を固めてきました。渦潮高校は、サイドのドリブルから、仕掛けますが、カバーの選手が良いディフェンスをして、突破ができません。引き分けの気配がしてきた後半のラスト10分で、カウンターから失点し、そのまま、試合終了となりました。やはり、勝負のゲームになったときの、自信を持ち、いい意味で開き直ることが必要だと感じました。本当に強いチームを目指し、これから取り組んでいきたいと思います。



筆記者:監督 近藤


13:56 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/10/17

サッカー選手権大会徳島県予選1回戦について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

10月15日(日)、徳島市球技場でサッカー選手権大会徳島県予選一回戦 対徳島文理高校 が行われました。
結果  鳴門渦潮 7 - 0 徳島文理

雨の中の試合となりました。気温も下がり、体調の管理が心配でしたが、最初から強いプレスで入ることができました。ゴール前は、しっかりしのぎ、試合を進めます。相手ゴール前でボールを奪い、得点したのをきっかけに、サイドのドリブルからの崩しから得点等、得点を重ねることができました。ただ、相手も必死にプレスに来ており、気を抜くと試合がわからなくなるとも思いました。一発勝負のトーナメント戦であり、相手も一試合にかけてきています。気を抜くことなく、2回戦の 城南戦 にのぞみたいと思います。
記載者:監督 近藤


11:43 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2017/10/11

10月9日(月)のT3リーグについて

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

10月9日(月)TSVでT3リーグが行われました。

結果  鳴門渦潮S 2 - 1 徳島北T

 徳島北Tは、T3リーグでは全勝中の相手であったので、しっかり勝てるようにとセカンドチームでの総力戦のつもりで戦いました。中盤でのボールの奪い合いができていましたが、渦潮の攻撃の終わり方があまり良くなく、相手の最終ラインより後ろで終われない場面が多く、1失点で前半を終えます。後半は切り替えて、自分たちのゴール前はしっかりはじき、カウンターで2得点し、勝利で終えました。状況に応じて、ボールをはじいたり、つないだりする判断が、上がってきたように感じます。まだまだ、ボールを展開する力が十分ではないので、これからトレーニングの内容を身につけゲームに結びつけてほしいと思います。
記載者:監督 近藤



15:12 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2017/10/11

10月7日(土)のT3リーグについて

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

10月7日(土)渦潮高校グランドでT3リーグが行われました。

結果  鳴門渦潮S 5 - 2 海部

 前回、0-5で敗戦した相手でしたので、1年生を中心にどれくらい伸びているのか確認する意味でも大切な試合でした。前半から、球際を強く入り、相手にチャンスを作らせず、得点を重ねました。最後に2失点しましたが、普段のトレーニングによって、強い球際というのが、選手たちの当たり前になってきていることをうれしく思いました。
記載者:監督 近藤



14:48 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2017/10/11

10月7日(土)T1リーグ第15節について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

10月7日(土)渦潮高校グランドでT1リーグが行われました。

結果  鳴門渦潮 1 - 0 池田

前半は、池田のペースで始まり、池田のFWにボールが収まり、ペースを握られますが、渦潮は、ゴール前でしっかりはじき返し、得点を許しません。後半は、渦潮がゴール前に迫るシーンが増え、後半ラスト2分で、相手ゴール前にこぼれたボールを押し込み得点。勝ち点3を得ました。危ない場面では、しっかり押し返し、チャンスがあれば、ゴールを狙う。当たり前のことですが、ピンチをしのぎ、チャンスを手にするというゲーム感が身についてきたように感じます。
 一部リーグもあと4節になりました。一試合一試合大切にし、しっかり勝ちを拾いたいと思います。

記載者:監督 近藤


14:43 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
123