防災クラブ

防災クラブ
123
2018/06/29

地域防災避難訓練

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理者1
地域防災避難訓練(徳長・長江・吉永)へ防災クラブ員が参加

   平成30年6月23日(土) 本校本館  10時~
内容
 屋上避難場所・備蓄庫や渦潮ホールでは、「段ボールベッド」
避難時のパーティションを展示し説明等を行った。
 また、今年は家庭クラブが参加し、炊き出し訓練として避難訓練参加者に、豚汁を提供した。
 学校周囲に完成した、防潮堤の扉が閉まった場合に、外側から校内に入ることのできる階段も6月に完成し、住民の方に案内し避難訓練を行った。

20:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/05/24

防災クラブ員登録会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理者1

○防災クラブ員登録会
 平成30年5月18日(金) 渦潮ホール

 テーマ 「生命を尊重する意識の高揚を図る」

 全校生徒へ防災クラブ員登録を呼びかけ、部活登録者も含めて
157人の参加があった。
 防災クラブ員としての行動・心構えや、昨年度の活動報告そして今年度の計画等が報告された。

「自助」~自分の命は自分で守る
「共助」~自助が第一であるが、助け合うことより命を守る
「公助」~国・地方公共団体





09:13 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2016/12/06

吉永地区防災避難訓練

Tweet ThisSend to Facebook | by:N.Watanabe
12月4日、この日は吉永自主防災会主催の津波避難訓練を本校にて実施しました。
地区防災会の役員の方、鳴門市危機管理課職員の方の主導のもと、当初予定を大幅に上回る地域の方約180人が参加し、防災意識を高めました。
本校防災クラブ員も7名参加し、備蓄倉庫や渦潮ホールの設備説明を行いました。
流石は3年生、的確な説明ときびきびとした動作は、ベテランの風格を漂わせていました。
1.2年生も後へ続け。。。




07:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/08/18

避難所づくりのい・ろ・は

Tweet ThisSend to Facebook | by:N.Watanabe
 夏期休業中の7/22(金)と8/5(金)の2日間、渦潮ホールにてパーティション(仕切り)の組立て体験を行いました。
本校では渦潮ホールの壁材を仕切り板に利用できる構造になっており、災害時に避難所として活用可能です。
 組立図を参考に、ネジや留め具の位置を確認しながら5区画(2列)分を協力して組立てました。
王子コンテナー様の工場からお借りした段ボールベッドの組立ても合わせて、約15人で作業し20分ほどで完成しました。
 ホール全体で最大7列分のパーティションが組めるので、この人数で取り組めば1時間強でホールいっぱいの仕切りを完成させることができます。
避難所作りのいろはの「い」は、先ず居住空間と共有場所(通路や情報掲示場所など)を区別すること。
「ろ」は今回のパーティションのように居住スペースをすみやかに区画整理し、「は」は避難者のコミュニティーをなるべく壊さないようにすることと悟りました。
渦潮ホールを避難所として運用した場合の最大収容人数は約100人強なので、災害が起こった際には、迅速かつ的確な判断が必要となるため、
万一の時に備え、生徒・教員ともに防災意識を高めていこうと改めて感じました。





08:22 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/07/15

非常食品のバケツリレー

Tweet ThisSend to Facebook | by:N.Watanabe

防災クラブの活動として、メインイベント的になりました、バケツリレー。
714日(木)、今回の活動は「備蓄食料・飲料水を本館1Fから屋上の備蓄倉庫まで運搬」です。
まず参加生徒約
100
名に対し、中尾先生が手順を教授。
すぐさまその手順通りに1Fから屋上までびっしりと生徒が配置され、Startのやかんに続いて、
カロリーメイトそして水をバケツリレー方式でどんどん上へ上へと送っていきます。
200
名分の食料をわずか7分という短時間で備蓄倉庫へ詰め込むことができました。
一人ひとりの力は小さくても、みんなが協力することで大きな力を生み出せることを再確認した瞬間でした

昨年は毛布と布団を旧校舎から運んできましたが、今年は非常食品の運搬と、より現実的な搬送訓練ができました。


15:44 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2016/06/25

徳永・長江地区避難訓練に参加しました!!

Tweet ThisSend to Facebook | by:N.Watanabe
 

625日(土)、ちょっと曇り空のなか。。。午前930分より「徳長・長江地区の防災避難訓練」が本校で行われました。
この日は、地域の方々総勢約
150名が来校されました。
本校生徒は3年生8名が参加し、段ボール簡易ベッドの組立や地域住民の方々に備蓄倉庫の説明を行いました。

段ボールベッド本年度防災活動にご協力いただけることになった王子コンテナーさんからお借りしました。
組立作業の難度は高くはありませんが、作業のスペースが必要で狭い場所では組立が困難なところが課題だと思います。
8人で15分ほどで完成しました。
また、アルファ米の試食もしました。
薄味の炊き込みご飯といった味でお袋の味を彷彿させ、防災食としては最高の出来でした。
地域の方々とともに、本校生徒・教員一同、防災への意識を高められた一日でした。

 


11:56 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/05/24

平成28年度防災クラブ発足

Tweet ThisSend to Facebook | by:N.Watanabe
中間考査の最終日、本年度の防災クラブが発足しました。
昨年度から引き続きの人、今年初めての人。
1年次39人、2年次44人、3年次47人、総勢130人の「防災の戦士たち」が集まってくれました。
これから基本的訓練や心構えの武器を纏(まと)い、地域で防災意識の高揚を率先し、災害怪獣「またあとで」と果敢に戦ってほしいと思います。
乞うご期待 ! !


12:34 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/02/29

イザ!カエルキャラバンin鳴門 ボランティア参加

Tweet ThisSend to Facebook | by:N.Watanabe
イザ!カエルキャラバン in 鳴門とは・・・
子どもが使わなくなったオモチャを持参したり、防災体験をしたりしてポイントを稼ぎ、会場で他の好きなオモチャと交換する全国展開のイベント。
阪神淡路大震災後に始まったようです。お仕事体験キッザ○アの防災体験版と理解していました。
地域のボランティア団体や防災のボランティア団体が中心となって、初めて鳴門ウチノ海総合公園で開催されました。
渦潮高校には防災クラブへの参加依頼があり、男子2名がボランティアとして参加しました。
天気予報は大きく外れて快晴・温暖な空の下、多くの子どもたちがウチノ海に集まりました。
ボランティアとして参加した高校生は渦高生だけで、あとは大学生や社会人が主となって盛況のもと各イベントを終了することができました。

11:12 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2015/12/02

若き防災士たち

Tweet ThisSend to Facebook | by:N.Watanabe
映画監督で防災士でもある小川光一さんの講演のあと、本校の若き防災士が楽屋を訪ねて直接お話をする機会が得られた。
「あのさく」映画の裏話や防災士という資格を取ったもののいったい何ができるのか、などなど。。。
日頃の学校とはちがう先生、シチュエーションでの暖かい言葉でみんなの目がきらきらしていた。
「あなたは大切な人を守れますか?」という映画の中でのメッセージは、彼らにそしてみなさんにどのように届いたんでしょうか。

08:19 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
123