男子サッカー部



H29総体試合
顧     問    近藤充義    二宮和也問    坂本恵
活 動 方 針    サッカーを通して、感謝の気持ちや継続することがで達成できることを実感させ、その大切さを養う
活 動 目 標    県ベスト4、リーグ一部残留
キャプテン・部長    34HR    由岐中 史温
練習場所    第二グランド
 4月 部の全体の活動イメージの作成、 リーグ戦へ取り組み , 県リーグ戦
  5月  総体への取り組み、新チームのイメージ作り    県リーグ戦、総合体育大会、ちょうさ杯(香川遠征)
  6月  チーム力の強化     総合体育大会、リーグ戦
  7月   強化遠征で、力をつけていく    リーグ戦、練習試合、黒潮カップ
  8月   強化遠征や練習試合を積極的に行う   ,練習試合、一年生大会
  9月   選手権大会に向けての準備    リーグ戦、練習試合
10月  選手権大会への取り組み , 選手権大会、リーグ戦
11月  リーグ戦で一部残留を目指す ,リーグ戦、練習試合
12月  最後のリーグ戦を戦う     リーグ戦、練習試合
 1月   新人戦に向けて、チーム作り     新人大会
 2月  新チームの強化  練習試合
 3月  西日本フェスティバルで新一年生との融合をはかる , 練習試合、西日本フェスティバル
 

日誌

サッカー男子 >> 記事詳細

2018/11/06

男子サッカー選手権大会2回戦

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

10月20日(土) 選手権大会徳島大会 2回戦 対 生光学園 会場:TSV人工
(○ 2-1〔1-1 1-0〕)

選手権大会の2回戦は、前線からのプレスにより、鋭いショートカウンタ-が持ち味の生光学園高校です。
 先週のレッドカードで出場停止の選手、食中毒で出場できない選手など、また、今週はインターンシップなどの行事が多く、あまり練習できませんでした。なんとか形を作って迎えた2回戦でした。
 前半開始直後、渦潮がCKのこぼれ球からアーリークロス、それをヘディングで得点と早い時間で先制点を得ます。その後は、お互いあまり前線に選手を置かず、良さを消し合う展開でしたが、前半終了前に渦潮のラインコントロールのミスから、生光学園に裏に抜け出され失点。1-1の同点で折り返します。後半、お互い決定機を決められず、このままPK戦かと思われた時、渦潮左サイドから、ドリブル突破からシュートで得点。勝利を得ました。最後まであきらめず、得点を狙いに行った結果だと思いました。


筆記者:監督 近藤


09:32 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)