男子サッカー部



H29総体試合
顧     問    近藤充義    二宮和也問    坂本恵
活 動 方 針    サッカーを通して、感謝の気持ちや継続することがで達成できることを実感させ、その大切さを養う
活 動 目 標    県ベスト4、リーグ一部残留
キャプテン・部長    34HR    由岐中 史温
練習場所    第二グランド
 4月 部の全体の活動イメージの作成、 リーグ戦へ取り組み , 県リーグ戦
  5月  総体への取り組み、新チームのイメージ作り    県リーグ戦、総合体育大会、ちょうさ杯(香川遠征)
  6月  チーム力の強化     総合体育大会、リーグ戦
  7月   強化遠征で、力をつけていく    リーグ戦、練習試合、黒潮カップ
  8月   強化遠征や練習試合を積極的に行う   ,練習試合、一年生大会
  9月   選手権大会に向けての準備    リーグ戦、練習試合
10月  選手権大会への取り組み , 選手権大会、リーグ戦
11月  リーグ戦で一部残留を目指す ,リーグ戦、練習試合
12月  最後のリーグ戦を戦う     リーグ戦、練習試合
 1月   新人戦に向けて、チーム作り     新人大会
 2月  新チームの強化  練習試合
 3月  西日本フェスティバルで新一年生との融合をはかる , 練習試合、西日本フェスティバル
 

日誌

サッカー男子 >> 記事詳細

2018/04/04

西日本サッカーフェスティバルの結果について(トップリーグ)

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou


3月25日(日)
グループリーグ
鳴門渦潮 0 - 0 新居浜工業〔引き分け〕
新居浜工業はプレスも早く、どんどん突破をしかけてきますが、渦潮GK中心にしっかり守り、引き分けとなりました。よくしのいだと思います。
鳴門渦潮 2 - 1 上野
上野高校はバランスのとれたチームでしたが、しっかり守り、勝ちを収めました。
結果:グループリーグ1位 トップトーナメントへ

3月26日(月)
トップトーナメント
鳴門渦潮  2 - 1 東岡山工業
東岡山工業は、ボールポゼッションをしっかりしてくるチームで、かなりゴール前まで迫られますが、なんとかDFに入り、防ぎました。PKとカウンターで2得点で勝利しました。
鳴門渦潮 1 - 0 岸和田
岸和田高校は鳴門渦潮とよく似たチームで危ないときは、しっかりしのぎ、セカンドボールを狙ってきます。渦潮はしっかり守り、得点を得て、勝利しました。

3月27日(火)
順位決定トーナメント
準決勝
鳴門渦潮 0 - 0 開星   (PK 4-2 )
開星高校は早めに、ボールをはじき、トップにボールを供給してきます。渦潮はしっかりしのぎ、クロスから得点のシーンも見られそうでしたが、枠をとらえることができません。PK合戦となりましたが、渦潮GKがよく止め、勝ちを得ました。
決勝戦
鳴門渦潮 0 - 3 松江商業
松江商業は、最終ラインのディフェンス力が高く、渦潮は、高い位置で、ボールを収めることができません。よく松江商業の攻撃を抑えましたが、松江商業のミドルシュートとドリブルからの突破で3失点し、敗退しました。

結果:準優勝

県外の強豪チームの中でも、戦えることを確認できました。この経験を大切にし、4月からのリーグ戦、総体へ向かっていきたいと思います。
記載者:監督 近藤


15:51 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)