オンリーワンハイスクール

実施状況 >> 記事詳細

2014/01/29

鳴門の文化と産業(校外学習活動1~5)

| by:A.Nakamura

鳴門の文化と産業[校外学習活動[1〕(オンリーワンハイスクール継承事業)

目的 授業の一環として、鳴門市の文化・観光・歴史・産業を総合的に学ぶために実施する。

○日時 10月31日(木) 14:30~15:20  鳴門と文化と産業の選択生徒(7名)

○内容 「鳴門の観光」を学ぶ 

○場所 鳴門市うずしお観光協会(鳴門市うずしお会館1F) 鳴門市撫養町南浜字東浜 

       
*鳴門市役所の横に、鳴門市の観光の拠点となる[うずしお会館]はあります。



*[うずしお会館]の1Fに鳴門市うずしお観光協会があり、その中で職員の方々から、鳴門市の観光についての説明を受けました。会館内には、鳴門市の物産はじめ、鳴門の地場産業や文化などが数多く展示されています。




鳴門の文化と産業[校外学習活動[2](オンリーワンハイスクール継承事業)

目的 授業の一環として、鳴門市の文化・観光・歴史・産業を総合的に学ぶために実施する。

○日時 11月14日(木) 14:30~15:20  鳴門と文化と産業の選択生徒(7名)

○内容 「鳴門の地場伝統観光」に学ぶ 

鳴門市の足袋産業は埼玉県の行田市と並び日本一の生産量を誇る。足袋は、鳴門の地場伝統産業であり、その中でも鳴門で一番古い約220年の歴史を誇る撫養街道沿いの㈱キントキの工場を見学し、鳴門の産業に対する理解を深める。

○場所 (株)キントキの足袋工場  鳴門市撫養町南浜字蛭子前西



*キントキは、撫養街道沿い、撫養キャンパスより歩いて5分の距離にあります。生徒は、徒歩で工場に向かいました。

 

*キントキの工場内で、社長さんより足袋の歴史や、足袋が製品になるまでの行程を説明していただきました。


 



鳴門の文化と産業[校外学習活動[3](オンリーワンハイスクール継承事業)

目的 授業の一環として、鳴門市の文化・観光・歴史・産業を総合的に学ぶために実施する。

○日時 11月29日(金) 14:30~15:20  鳴門と文化と産業の選択生徒(7名)

○内容 「鳴門の企業」に学ぶ 

鳴門市撫養町の銀天街の化粧品店となる「ひかりや本店」は、TBSの「ガッチリマンデー」にも取り上げられた鳴門が誇る企業である。実際に授業で店舗を訪れ、社長さんからお話を伺い、企業の理念などを学ぶ。

○場所 [ひかりや本店]  鳴門市撫養町南浜字東浜


*「ひかりや本店」の2階で、社長である立本さんから貴重な話を伺いました。

 

*最後に記念写真を撮影し、本授業は終了しました。





 

鳴門の文化と産業[校外学習活動[4](オンリーワンハイスクール継承事業)

目的 授業の一環として、鳴門市の文化・観光・歴史・産業を総合的に学ぶために実施する。

○日時 12月5日(木) 14:30~15:20  鳴門と文化と産業の選択生徒(7名)

○内容 「鳴門の文化・歴史」に学ぶ 

鳴門市木津の長谷寺は、四国遍路の宿、及び江戸時代の駅路寺として知られる。また、金毘羅神社は、阿波の三大金毘羅神社の一つ、大相撲などで知られている。その寺院や神社を実際に見学し、鳴門の文化や歴史に対する理解を深める。

○場所 鳴門市大津町木津「長谷寺」「金毘羅神社」

○講師 鳴門市秘書広報課 齋藤 究さん


*長谷寺の境内で、寺院の由来などの説明を受けました。

 

*金毘羅神社の江戸時代から続く相撲場の見学をした後、木津川を見下ろせる金毘羅神社の高台へと移動しました。最後に本殿の前で記念撮影をしました。



       鳴門の文化と産業[校外学習活動[5](オンリーワンハイスクール継承事業)

目的 授業の一環として、鳴門市の文化・観光・歴史・産業を総合的に学ぶために実施する。

○日時 1月17日(金) 14:30~15:20  鳴門と文化と産業の選択生徒(7名)

○内容 「鳴門の礎を築いた産業基盤」を学ぶ 

鳴門は塩業で発展した町である。そこで、塩田発祥地を実際に訪問し、鳴門の文化や歴史に対する理解を深める。

○場所 鳴門市撫養町大桑島蛭子山「塩田発祥地の石碑」


*鳴門の大塚製薬、富田製薬、馬居化成、鳴門塩業などは、鳴門の塩産業を基盤に成立した企業です。その塩田発祥地を実際に訪れ、歴史を体感しました。現在は住宅地ですが、かつては一円に塩田が広がっていました。

 


15:38