オンリーワンハイスクール

実施状況 >> 記事詳細

2013/02/25

「鳴門市を学ぶ特別事業」池谷・大谷編

| by:A.Nakamura

 阿波再発見プロジェクト~徳島県の再興塾へ~

「鳴門市を学ぶ特別事業」池谷・大谷編

目的 鳴門市には、日本に誇る様々な自然・歴史・産業・伝統文化等が息づいている。それを生徒に学ばせ、自己の進路に役立てるだけでなく、郷土に誇りをもち郷土への親しみや関心を深め、本県の未来を創造する人材を育成するために実施する。

○日時-平成25年1月29日(火)13:00~15:30 ○場所-鳴門市大麻町池谷・大谷

○対象-21HR(32名) 

○内容・日程

大津キャンパス(バス)⇒福寿醤油(工場見学)⇒松浦酒造場(工場見学)⇒ここからなると観光ボランティアガイド会が講師⇒土御門上皇陵⇒阿波神社⇒東林院⇒宇志比古神社⇒ ここから大谷焼窯元巡り⇒大西陶器⇒矢野陶苑⇒(バス)大津キャンパス着 

◆バスで大麻町池谷まで行き、そこから上記の行程を約2時間半かけて説明を受けながら歩きました。そして、伝統産業を守っている多くの会社の方々にガイドいただきました。また、私たちのウォークには、「なると観光ボランティアガイド会」の方々も同行しました。
*約200年の歴史をもつ福寿醤油の工場内を見学しました。これは、発酵場所です。



*県内最古の松浦酒造場を見学しました。


*松浦酒造場の酒を発酵させる工場内の見学です。


*土御門天皇陵の前より、なると観光ボランティアガイド会の方が案内してくださりました。鳴門ケーブルテレビも取材に来ていました。


*国重要文化財となる宇志比古神社の本殿の説明を受けている様子です。


*大西陶器を見学しました。世界中から注文が来るそうです。

 


*最後は、矢野陶苑の登り窯を見学です。日本で、大麻町しかこのような風景は見られません。

◇このウォークが、校内におけるオンリーワン事業の最後となりました。生徒には、日本に誇る自然・企業・伝統産業などが息づく鳴門市の学校に通っていることを誇りに思い、将来は徳島県の未来を創造する人間に成長してくれればと願っています。

 


12:24