校長室より >> 記事詳細

2017/07/27

全国総体壮行会

Tweet ThisSend to Facebook | by:H.nakata

IH出場記念懸垂幕
 皆さん、こんにちは。
 全国高校総体に出場する陸上競技部、ウエイトリフティング部、柔道部、水泳部のみなさん、おめでとうございます。皆さんの今までの練習の技術的な積み重ねや精神的な成長が結果として表れて本当にうれしく思います。次は全国の舞台です。徳島県、四国の代表として檜舞台で精一杯頑張ってきてください。


 さて、今日は大塚製薬の前会長さんが社員によく話していた言葉を紹介します。
それは、「人生、希望と辛抱です」です。仕事や社会生活全般に通じるメッセージです。スポーツも同様と思います。


 考えてみてください。皆さんが全国大会を決めるまでの練習や当日の試合の中で最初から最後まで順風満帆な自分だけのペースでは無かったはずです。相手と力の差があっても「流れ」を感じていたと思います。実力差がない場合はなおさらです。その中で絶対勝つという「希望」を強く持ち、ここは「辛抱」と踏ん張らねばならない状況を耐えたからこそ、チャンスをつかみ、その流れを一気呵成に攻め勝利を得たのではないでしょうか。


 人生もスポーツも楽勝や圧勝は最初からしようと思ってもありません。どんな相手に対しても侮らず、恐れず「希望と辛抱」をしっかり実践していくことで勝利への道を切り拓いてください。どちらとも生きていく上で非常に重要なことです。

 
 また、全校生徒にも通じるメッセージです。「人生、希望と辛抱です」。これから進学や就職に悩んでいる人も「希望と辛抱」です。まずは、全国大会出場者は全国のプレッシャーの厳しい中でこのことを体験してきてください。皆さんの健闘と成長を心より祈っております。  頑張ってきてください。
                                (H29.7.20)      


11:21 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)