産業社会と人間 >> 記事詳細

2016/11/26

第2回 「鳴門に学ぶ地域学」講座 特別体験授業

| by:Web管理者1
第2回 「鳴門に学ぶ地域学」講座 特別体験授業
-阿波の玄関・撫養街道ウォーク-岡崎・林崎編
◆目的 鳴門渦潮高校が立地する鳴門市には、日本に誇る様々な自然・歴史・産業・伝統文化等が息づいている。それを「産業社会と人間」の授業の一貫として学ばせ,郷土に誇りをもち,本県の未来を創造する人材を育成するために実施する。なお、本講座は、平成28年度 文部科学省指定「起業体験推進事業」の一環として開催する。
◆視点 ①生徒・教職員に対するキャリア教育・道徳教育・人権教育・起業教育の一環
       ②生徒の言語能力、コミュニケーション能力の育成  ③自尊感情の育成  ④郷土理解教育の一環
◆日時 10月19日(水)5.6限目[産業社会と人間] 13:30~15:20
◆対象 1年次生<総合学科生>170名
◆場所 鳴門市の岡崎海岸・林崎周辺
◆講師 鳴門市観光ボランティア協会14名 
◆主要ポイント
 ①岡崎海岸(夫婦岩・土佐泊・淡路島・鳴門海峡)
 ②鳴門堂・西宮神社・遍路の道標
 ③遍路宿「さぬきや」・市杵島姫神社
 ④妙見神社の大鳥居、肥料商・熊野庄蔵屋敷 
 ⑤塩業の浜屋(庄野家)、文明橋、岡崎の渡し場など

①  岡崎海岸で集合して説明を受ける ②岡崎の撫養街道を歩く
   
③老舗の鳴門堂で説明を受ける  ④林崎の市杵島姫神社にて
   
 ⑤庄野屋敷にて           ⑥岡崎の渡船乗り場にて
  
 ⑦ガイドさんからの説明を受ける風景  ⑧岡崎海岸で解散
  
  
◆鳴門に学ぶ地域学の特別体験授業として、岡崎海岸より実際に撫養街道を歩いて、鳴門の歴史・文化を体験した。当日は、鳴門市観光ボランティア協会より14名ものガイドに来ていただき、クラスごとに説明していただいた。全行程は約4km、約90分かけて生徒は歩いた。最後に鳴門海峡と夫婦岩をバックにクラスで記念写真を撮影した。
16:53