産業社会と人間 >> 記事詳細

2015/11/06

第6回 「職業人に学ぶ」講座の開催

| by:Web管理者1
第6回 「職業人に学ぶ」講座 の開催
「社会人になるには」
◆目的 徳島県内のさまざまな分野で活躍する職業人を招聘し、1年次の生徒たちに、その人の生き方、生き様を学ばせ、将来の職業生活に必要な基本的能力や態度、望ましい勤労観、職業観を育成するために講座を開催する。
◆視点 ①生徒・教職員に対するキャリア教育・道徳教育・人権教育の一環
      ②生徒の言語能力、コミュニケーション能力の育成
      ③自尊感情の育成
◆日時 10月14日(水)5,6限目[産業社会と人間]の授業
◆対象 1年次生徒<総合学科生>160名
◆場所 渦潮ホール
◆講師 株式会社 NDK 代表取締役 久米 智之 氏
◆徳島県中小企業家同友会同友会と鳴門渦潮高校との連携事業で開催。
◆第6回目の講座は、県内約400社が加盟する徳島県中小企業家同友会との連携で開催しました。講師は、株式会社 NDK 代表取締役 久米智之さん。久米さんは、社訓「感謝・創造・挑戦・速度」のもと、約70名の社員を抱え、現在は営業部門、管理部門を中心に業務にあたっています。製品は80%が受注型生産で、制御装置の50%は県内のメーカーへ、他は県外、海外へと展開されています。講演後は、クラス代表者に質問タイムを設け、積極的な意見交換し、次に6名1組でグループ学習を行い、最後にグループ代表者が講師の久米さんに対して発表し、有意義な時間を終えました。生徒の主な感想は次の通り。

○会社のしくみや社訓の重要性がわかった。○私も感謝を大切にして何事にも挑戦していきたい。○経営理念の大切さが分かった。○会社に入っても、ずっと勉強は続いていくことを知った。○やりがいのある仕事を見つけたい。○自分がどうなりたいのかを考えることが大事だと分かった。○時間の長さは一緒だから、何事にも挑戦し続ける必要があるという言葉に感銘した。○褒められる、感謝されるには、良いものを作りたいという向上心を持って仕事をすることが大切だと知った。○苦労が大きかった分、達成感が大きいという言葉に共感した。○中小企業の良いところは、皆一人一人が存在感を出せる、やりがいがもてることだと思った。など。
17:30