道徳教育実践研究事業

実施状況 >> 記事詳細

2012/11/17

道徳教育講演会

| by:A.Nakamura

道徳教育講演会


目的 命の大切さを学び,自他の存在を尊重する態度を養う。
日時  10月10日(水)
場所 撫養キャンパス体育館
対象 全校生徒
講師 内田美智子先生
   助産師・思春期保健相談士・九州思春期研究会事務局長
演題 「いのちをいただいて、つなぐこと」    ~いずれ一人で生きていく君たちへ~   
  命だけではなく食べることの大切さを学びました。 パワーポイントを使ったわかりやすい説明でした。
 
  生徒の姿勢から内田先生の想いが
伝 わっていることがわかります。
  感謝の気持ちを込めてお礼の言葉


〈 生徒の感想 〉

・両親に対する感謝の気持ちの大切さを感じました。
・講演中に涙が出そうになった。親にきちんと顔向けできるような大人になりたい。
・親の大切さやすごさを改めて感じることができた。自立した生活が送れるように頑張りたい。
・弁当のおかずに文句をつけたり,親に対する態度が失礼であることに気づかされた。
11:38