校長室より >> 記事詳細

2017/07/27

第1学期終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by:H.nakata

校内の松
 皆さん、おはようございます。
 皆さんは、始業式に話した「本校の使命と強み」の3つのことについて覚えていますか?少し振り返ってみましょう。


 1つは、スポーツのリーディングハイスクールとして使命です。スポーツを通じた人間形成を基本に競技力の向上を図ることです。政治や国際関係が嘘や欺瞞で混沌としている中、フェアープレイ精神や審判や相手をリスペクトするこを大切にしているスポーツが果たす役割は重要です。皆さんは、どうですか?四国大会出場部数は過去最多、今回も全国総体に4つの部が出場するなど少しずつ競技力は向上しています。スポーツ科学科と総合学科のすべての部員と応援するすべての生徒がスポーツ・リーディングハイスクールの一員であることを今以上に自覚して、今後も精進してほしいと思います。まずは、人間形成を基本に自立した成長を期待しています。


 2つめは、地域創世に貢献できる生徒を育成する使命です。主に総合学科を中心に取り組んでいますが、産社や総学、講演会等を通じて、地域に信頼される地域に貢献できる生徒の育成に努めている強みがあります。たとえば、早見さんの講演では大人を見極めることの大切さや補欠選手の経験が将来に生きることなどを教えてくれました。いつも前向きで元気な鴨頭さんからは、笑顔やあいさつなど人と接する時に大事なことを実体験からパワフルに伝えてくれました。私は、JICAの上西さんからの話で異文化交流のためのとてもわかりやすいキーワードがとても印象的でした。異文化や人を理解していくことで、「Strange(変だなあ)・Defferent(違う)・Interesting(面白い)」と進んでいくことが大切であると。異文化や人と接するとき、最初にStrangeと感じても、少しずつ理解してくると、Defferentがわかり、次には相手を受け入れ認めInterestingとなるという話でした。人によって、感じるところや心にささるところは多少違うとは思いますが、いろいろな大人と接することで視野は広がり考えも深まっていきます。普通科高校には少ない、この経験があるという強みです。


 3つめは地域防災の拠点として使命です。6月には、学校周囲の3地域と本校の防災クラブの合同で避難訓練を実施しました。防潮堤や避難場所機能を持つ学校の使命を自覚して危機管理の意識をより強く持ってほしいと思います。また、この夏休み中に熊本地震の支援活動に積極的に参加する3年生がいることも紹介しておきます。このような仲間がいることは、これからの防災リーダーの養成校としての誇りです。


 話は変わりますが、「としょかんだより」を読んだ人は、すぐにわかると思いますが、図書館で仲里先生が沖縄の紹介をしてくれています。仲里先生は、沖縄県出身でもあり沖縄関係の本のコーナーも設けてくれています。72年前の真夏の沖縄でのこと、その後広島、長崎で何があったのでしょうか?この夏の暑い日に是非考えてほしいと思います。8月3日の登校日は、戦争と平和について考える機会にしようと思います。そのためにも本を読んでほしいと思います。図書館へ行ってみてください。最後に心と体の健康には十分に配慮し、有意義な夏にしてください。                       (H29.7.20)
                                                                       


11:29 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)