男子サッカー部



H29総体試合
顧     問    近藤充義    二宮和也問    坂本恵
活 動 方 針    サッカーを通して、感謝の気持ちや継続することがで達成できることを実感させ、その大切さを養う
活 動 目 標    県ベスト4、リーグ一部残留
キャプテン・部長    34HR    由岐中 史温
練習場所    第二グランド
 4月 部の全体の活動イメージの作成、 リーグ戦へ取り組み , 県リーグ戦
  5月  総体への取り組み、新チームのイメージ作り    県リーグ戦、総合体育大会、ちょうさ杯(香川遠征)
  6月  チーム力の強化     総合体育大会、リーグ戦
  7月   強化遠征で、力をつけていく    リーグ戦、練習試合、黒潮カップ
  8月   強化遠征や練習試合を積極的に行う   ,練習試合、一年生大会
  9月   選手権大会に向けての準備    リーグ戦、練習試合
10月  選手権大会への取り組み , 選手権大会、リーグ戦
11月  リーグ戦で一部残留を目指す ,リーグ戦、練習試合
12月  最後のリーグ戦を戦う     リーグ戦、練習試合
 1月   新人戦に向けて、チーム作り     新人大会
 2月  新チームの強化  練習試合
 3月  西日本フェスティバルで新一年生との融合をはかる , 練習試合、西日本フェスティバル
 

日誌

サッカー男子 >> 記事詳細

2017/10/17

サッカー選手権大会徳島県予選1回戦について

Tweet ThisSend to Facebook | by:M.kondou

10月15日(日)、徳島市球技場でサッカー選手権大会徳島県予選一回戦 対徳島文理高校 が行われました。
結果  鳴門渦潮 7 - 0 徳島文理

雨の中の試合となりました。気温も下がり、体調の管理が心配でしたが、最初から強いプレスで入ることができました。ゴール前は、しっかりしのぎ、試合を進めます。相手ゴール前でボールを奪い、得点したのをきっかけに、サイドのドリブルからの崩しから得点等、得点を重ねることができました。ただ、相手も必死にプレスに来ており、気を抜くと試合がわからなくなるとも思いました。一発勝負のトーナメント戦であり、相手も一試合にかけてきています。気を抜くことなく、2回戦の 城南戦 にのぞみたいと思います。
記載者:監督 近藤


11:43 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)