お知らせ

新型コロナウイルス感染症対策について

オミクロン株に対応した2価ワクチンの接種について

 新型コロナウイルス感染症については、過去2年いずれも年末年始に感染が拡大しており、また、この秋・冬については、季節性インフルエンザとの同時流行が懸念されるとの専門家の指摘もあります。実際に、現在、新型コロナウイルスの新規感染者数は全国的に増加傾向にあり、今後の動向を注視する必要があります。
 こうしたことを踏まえ、政府においては、重症予防効果等が従来型ワクチンを上回るとともに、今後の変異株に対してもより有効であることが期待されているオミクロン株対応ワクチンについて、希望する全ての対象者が年内に接種を受けることができるよう、接種体制の確保や周知・広報に取り組んでいます。
 全てのワクチンの接種は強制ではなく、本人や保護者の判断が尊重されるべきものですが、接種対象の範囲、ワクチンの効果や副反応、接種に関する相談先の情報等について、添付のリーフレットを参考にしてください。

資料①.pdf

資料②.pdf

資料③.pdf