陸上競技部の紹介

陸上競技部

◎顧  問   藤川健司・竹内靖人

◎部  員   21名(男子14名・女子7名)

◎専門種目   短距離・ハードル・跳躍

◎練習環境   鳴門大塚スポーツパーク

        トレーニングセンター 他

◎歴代記録   R3渦潮歴代 .pdf

◎進  路   進路先一覧.pdf

 

ブログ

活動記録

卒業生の進路先

令和3年度鳴門渦潮高校陸上競技部

卒業生の進路先は以下の通りです。

 

【大学・短大】

  鹿屋体育大学 体育学部

  環太平洋大学 体育学部

  四国大学 生活科学部

  筑波大学 体育専門学群

  徳島大学 総合科学部

  徳島文理大学 短期大学部

【専門学校】

  京都医健専門学校

【就職】

  株式会社エイチオーエス

  プライムプラネットエナジー&ソリューションズ株式会社

 

※過去の進路先一覧は、陸上競技部トップページに掲載しています。

2022日本室内陸上競技大阪大会

3月12日(土)~13日(日)に日本室内陸上大阪大会が開催され、標準記録を突破した3名が出場しました。

 

【結果】

U20男子60m 久保井颯 6秒83 3位お祝い

U20女子走幅跳 前川七海 5m32 7位

U18女子60mH 由本凛 9秒18 予選落ち

 

有観客での開催となった今大会、会場には保護者の方々だけでなく地元の級友たちも応援にきてくれていました。

人の心を動かすスポーツの良さを改めて感じ、早くこのような状況が当たり前になれば良いなと思いました。

 

3月からとても緊張感のある競技をしてくれた生徒たちには感謝です。

大学でも頂点を目指して頑張って!

《陸上競技》ミズノ陸上スパイク講演会&試履会

ミズノ株式会社陸上スパイク企画担当の松木さん、開発担当の須藤さん、販促担当の菅井さんをお招きし、陸上スパイクの講演会と試履会を実施しました。

 

講演会では事前に生徒から集めた質問に対して一つ一つ丁寧に回答していただきました。

須藤さんの地元は同じ徳島県ということもあり、世界を舞台に仕事をされているという話にも親近感を感じました。

また、菅井さんは世界陸上にも出場した経験を持つ日本のトップジャンパーで、その一言一言が生徒たちにとって興味深いものであったと思います。

 

試履会ではたくさんのサイズサンプルをご用意いただき、須藤さんが中心となって設計された二つのスパイクを履き比べました。

生徒たちはスパイクの微妙な重さや硬さなどの違いに加え、設計者の熱い想いやこだわりを感じることができました。

また、目の前にいる設計者とコミュニケーションをすることで、生徒たちは「ものづくり」に少し携わることができたと感じたはずです。

 

普段は陸上競技を「する」立場である生徒たちが、陸上競技を「支える」メーカーの立場を知ることができた貴重な機会でした。

 

ミズノの皆様、ありがとうございました。

《陸上競技》第15回U18陸上競技大会

10月22日(金)~24日(日)の3日間,愛媛県立総合運動公園陸上競技場で第15回U18陸上競技大会が開催されました。

本校からは,参加資格記録を突破した村田真一朗が出場しました。

 

◎男子300m

 8位 村田真一朗 34秒31

 

村田真一朗の感想

 『初めての全国大会で入賞できたことは,自信に繋がった。予選は緊張していて不安だったが,運良く決勝に残ることができたことで,決勝ではプレッシャーを感じずに,「どこまで自分が通用するのか」と楽しみながらスタートラインに立つことができた。レースではスタートで出遅れたが,前半から突っ込むことができた。しかし,後半はいつも通り失速してしまい,悔しい結果となってしまった。今年の冬季練習では,怪我をせずに必死で追い込んで,来年の徳島インターハイではもっといい順位をとることができるよう練習していきたい。応援してくださった皆さん,本当にありがとうございました。』

 

 全国でも自分の走りが通用するという自信を身につけると同時に,全国のトップ選手との「距離」を身をもって感じることができ,来年度に向けて明確な目標を持つことができた大会でした。他のチームメイトもこの結果に刺激を受け,「負けてはいられない!」と強く感じたはずです。個人として,チームとして,更なる飛躍を目指し,成長した姿を来年度の徳島インターハイで見せてくれることを期待しています。

 

 

《陸上競技》四国新人結果

10月16日(土)~17日(日)の二日間,香川県立丸亀競技場で第23回四国高等学校新人陸上競技選手権大会が開催されました。

 

本校からの出場選手の結果は,以下の通りです。

 

◎男子100m

 7位 中原 將道 11秒05

      ※予選 11秒04 ※自己新了解

◎男子200m

 優勝 村田真一朗 21秒58 ※自己新了解

 6位 中村 秀希 22秒43

◎男子400m

 優勝 村田真一朗 48秒05 ※県高校新キラキラ

◎男子110mH

 3位 中川 快斗 15秒40 

◎男子400mR

 2位 鳴門渦潮高校 41秒16 ※県新,県高校新キラキラ

  (吉田ー中村ー中原ー村田)

◎男子1600mR

 優勝 鳴門渦潮高校 3分24秒85

  (中村ー谷脇ー吉田ー村田)

◎女子100m

 3位 渡辺ひなた 12秒36

 7位 福榮 美紅 12秒60

◎女子200m

 4位 渡辺ひなた 25秒64

◎女子100mH

 6位 由本 凛  15秒34 ※自己新了解

◎女子400mR

 2位 鳴門渦潮高校 48秒17

  (福榮-吉岡-由本-渡辺)

 

1・2年生だけの新チームで,男子400mで県高校新,男子400mRでは県新,県高校新という記録を樹立することができたことは大きな自信になったと思います。

来年の四国総体では,さらに成長した姿を他県の選手に見せることができることを期待しています。

今年度の大会も残りわずかですが,今回,納得のいく結果ではなかった選手もチームメイトの活躍に奮起し,いい形で,今シーズンを締めくくってくれることと思います。

 

応援いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

 

※徳島新聞朝刊スポーツ面に取り上げていただきました。

 

 

《陸上競技》県新人戦結果

9月25日(土)~26日(日)に徳島県高等学校新人陸上競技大会が開催されました。

新人戦は1・2年生で臨む学校対抗戦で、各種目上位4名(チーム)が四国新人陸上競技大会へと進出します。

 

本校の4位までの入賞者は以下の通りです。

◎男子100m

 2位 吉田 陸  11秒04(追参)

 4位 中原 將道 11秒08

◎男子200m

 優勝 村田真一朗 21秒47(追参)

 3位 中村 秀希 22秒13※自己新了解

◎男子400m

 優勝 村田真一朗 49秒23※自己新了解

◎男子110mH

 優勝 中川 快斗 15秒44

◎男子400mH

 3位 中川 快斗 59秒87

◎男子400mR

 優勝 鳴門渦潮高校 41秒91

  (吉田-中村-中原-村田)

◎男子1600mR

 優勝 鳴門渦潮高校 3分24秒09

  (中村-谷脇-吉田-村田)

◎女子100m

 優勝 渡辺ひなた 12秒32

 3位 福榮 美紅 12秒54

◎女子200m

 優勝 渡辺ひなた 25秒48※自己新了解

◎女子100mH

 4位 由本 凛  15秒74

◎女子400mR

 優勝 鳴門渦潮高校 48秒58※大会新キラキラ

  (福榮-吉岡-由本-渡辺)

◎女子走幅跳

 3位 福榮 美紅 5m18

 

本校では、自己ベストに対する記録の相対値(達成度)で試合を評価しています。

チーム全体の達成度で見た場合、前回新人戦が100.5%であったのに対し、今回の新人戦は99.3%でした。

これは、100m11秒00のベストを持つ選手が10秒95の自己新で走るか、11.08秒で終わるかの違いです。

今回の競技条件は良かったことからも、言い訳することはできません。

 

試合後、選手たちには厳しいことを言いました。

悔しい経験を自分の力に変えることができる選手でないと、来年の徳島インターハイでは戦えません。

選手たちの奮起に期待し、四国新人大会に向けて練習に励みます。

 

応援いただきました皆様、ありがとうございました。

 

※徳島新聞朝刊スポーツ面に取り上げていただきました。

《陸上競技》全国高校総体結果

7月28日(水)から8月1日(日)の日程で、令和3年度全国高等学校総合体育大会(陸上競技)が開催されました。

高校競技生活最高の舞台で、3種目において入賞を果たすことができました。

本校からの出場選手の結果は以下の通りです。

 

◎男子100m

 6位 久保井颯 10秒53

◎男子200m

 6位 久保井颯 20秒94(追風参考)

◎男子110mH

 予選敗退 多田幸生 15秒34

◎男子400mH

 予選敗退 多田幸生 55秒55

◎男子400mR

 予選敗退 鳴門渦潮高校 42秒44

◎男子1600mR

 予選敗退 鳴門渦潮高校 3分19秒95

◎男子走幅跳

 予選敗退 久保井颯 記録無し

◎女子100m

 予選敗退 前川七海 12秒30

◎女子200m

 予選敗退 前川七海 24秒89

◎女子400mR

 準決勝敗退 鳴門渦潮高校 47秒56

 ※予選にて46秒70の四国高校新記録

◎女子走幅跳

 8位 前川七海 5m84

 予選敗退 福榮美紅 5m46

 

出場した選手たちは今もっている力を全て出し尽くしました。

『全国でも十分戦える』『今のままでは全国では戦えない』どちらかがはっきりしたはずです。

来年はこの夢舞台、全国高校総体が徳島県で開催されます。

今回参加した19名それぞれが感じたことを、来年に繋げてもらいたいです。

 

応援いただいた皆様、ありがとうございました。

 

※連日、徳島新聞朝刊スポーツ面に取り上げていただきました。

《陸上競技》四国高校総体結果

6月19日(土)~21日(月)の日程で、愛媛県にて第74回四国高校総体が開催されました。

本校の6位までの入賞者は以下の通りです。

 

◎男子100m

 2位 久保井颯 10秒60

◎男子200m

 優勝 久保井颯 21秒09

◎男子110mH

 6位 多田幸生 15秒10

◎男子400mH

 3位 多田幸生 53秒89

◎男子400mR

 2位 鳴門渦潮高校 41秒60

◎男子1600mR

 優勝 鳴門渦潮高校 3分18秒53 ※県高校新

◎男子走幅跳

 2位 久保井颯 7m22

◎女子100m

 3位 前川七海 12秒34

◎女子200m

 3位 前川七海 25秒14

◎女子400mR

 優勝 鳴門渦潮高校 46秒97 ※県新

◎女子走幅跳

 優勝 前川七海 5m79

 6位 福榮美紅 5m39

 

大きな取りこぼしなく、個人9種目、リレー3種目で全国総体への出場権を獲得することができました。

 

県総体から2週間という過酷なスケジュールでしたが、生徒たちは満身創痍で戦いきってくれました。

今大会、特にこだわったのはリレー種目です。

出場した3種目全てで全国総体への切符を獲得できたことは、鳴門渦潮高校の歴史の中で初めてのことです。

学校創立10年目の節目の年で次々と快挙を成し遂るた生徒たちに、無限の可能性を感じてしまいます。

 

全国総体は7月28日(水)~8月1日(日)の日程で、福井県にて開催されます。

鳴門渦潮高校は19人という大所帯で参加します。

背中に掲げる校名が全国の舞台で響き渡ることを目標に、また気を引き締めトレーニングに励みます。

 

応援いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

※6月20日、22日の徳島新聞朝刊スポーツ面に取り上げていただきました。

 

《陸上競技》県高校総体結果

6月5日~7日の日程で第61回徳島県高校総体が開催されました。

現在ポカリスエットスタジアムがトラック改修工事中のため、今大会は第二陸上競技場での開催となりました。

6位までの入賞者は以下の通りです。

 

◎男子100m

 優勝 久保井颯 10秒43 ※四国高校新

 5位 村田真一朗 11秒04

◎男子200m

 優勝 久保井颯 21秒14

 5位 村田真一朗 22秒22

 6位 森谷拓巳 22秒84

◎男子400m

 5位 日比生世輝 50秒99

 6位 喜多大将 51秒08

◎男子110mH

 2位 多田幸生 15秒18

 5位 中川快斗 15秒41

◎男子400mH

 優勝 多田幸生 54秒66

 2位 日比生世輝 55秒83

 6位 中川快斗 59秒45

◎男子400mR

 優勝 鳴門渦潮高校 41秒51 ※大会新

◎男子1600mR

 優勝 鳴門渦潮高校 3分22秒21

◎男子走幅跳

 優勝 久保井颯 7m24

◎男子砲丸投

 5位 竹内海人 9m54

◎女子100m

 優勝 前川七海 12秒06

 2位 渡辺ひなた 12秒34

 3位 福榮美紅 12秒35

◎女子200m

 優勝 前川七海 24秒70 ※大会新

 4位 渡辺ひなた 25秒89

◎女子100mH

 2位 由本凛 14秒91

◎女子400mR

  優勝 鳴門渦潮高校 47秒68 ※徳島県新

◎女子走幅跳

  優勝 前川七海 5m85 ※大会新

  3位 福榮美紅 5m48 

 

2年ぶりの開催となった県高校総体、選手たちの想いは顧問が考えるよりも遥かに強かったです。

個人スポーツであるはずの陸上競技がチームスポーツであるかのように団結し、相乗効果を生む3日間でした。

競技場まで来てくださった方々、新聞や速報サイト等を通して連絡をくださった方々、応援していただいた全ての方々、本当にありがとうございました。

 

※徳島新聞朝刊スポーツ面に取り上げていただきました。